伊丹市で眼科ならオアシスタウン伊丹鴻池2階の『のぞみ眼科』へ。京都大学病院等での勤務経験を活かし白内障手術、緑内障手術といった高度医療を始めお子様の弱視治療、加齢黄班変性治療等様々な眼のお悩みにお応えします。
当院を受診するかお悩みの方へ白内障に関して受診のめやすがチェックできます[かんたん無料登録なし・こちらから]

糖尿病網膜症治療

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症網膜は、目の一番奥の眼底にあり、カメラのフィルムに相当します。
この網膜には、非常に細い毛細血管が非常に多く存在します。糖尿病の血管は、まず細い血管から壊れていきますので、網膜の毛細血管が障害を受けて、糖尿病網膜症が発症します。
初期~中期にかけては、自覚症状がないことが多いため、糖尿病があっても眼科に受診しない方が、多くいます。知らぬ間に進行してしまう病気ですので、糖尿病がある方は、定期的眼科検査が必要です。
もちろん、原因は糖尿病ですので、何より重要なのは内科の先生の指示に従い、血糖のコントロールをしっかりとすることです。

日本における糖尿病網膜症患者は約300万人と推定されており、毎年3000人の失明を引き起こし、成人の失明原因の第2位、働き盛りの世代では第1位となっています。

糖尿病網膜症の治療

レーザー光凝固

糖尿病が進行すると網膜の血管が閉塞して網膜虚血の状態になります。
光凝固により網膜虚血の状態を改善して新生血管の発生を予防することができます。

ルセンティス、アイリーア硝子体注射

血管が詰まって、網膜の血液が足りない虚血状態になると、「VEGF」という蛋白が発生することがわかっています。このVEGFは網膜の毛細血管から血液成分が漏れ出すのを促す作用があり、糖尿病黄斑浮腫を起こします。
このVEGFを抑えるルセンティスとアイリーアというお薬を目の中の硝子体に注射する治療法です。

硝子体手術

増殖糖尿病網膜症による硝子体出血や増殖膜の剥離、また硝子体注射の効果が少ない糖尿病黄斑浮腫に行います。

主な対応疾患、手術については下記からご覧いただけます

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:30~12:30
15:30~18:30

★…手術
【診療受付時間】
・午前診療:12時00分まで(コンタクト処方は11:30まで)
・午後療療:18時00分まで(コンタクト処方は17:30まで)

休診日金曜午後、土曜午後、日曜、祝日

日帰り白内障手術はこちら 多焦点レンズ挿入白内障手術はこちら 糖尿病網膜症治療はこちら 緑内障治療はこちら 加齢黄斑変性治療はこちら 外眼部手術はこちら オルソケラトロジーはこちら ドライアイ治療はこちら こどもの弱視治療はこちら コンタクトレンズについてはこちら
初診の方へ 診療時間・休診日 アクセス・地図
医療法人社団 山翔会 さくら眼科はこちら ドクターズファイルバナー
当院を受診するかお悩みの方へ症状に関する病気や受診のめやすがチェックできます[かんたん無料・登録なし]チェックをはじめる
PAGETOP
Copyright © 2023 のぞみ眼科 All Rights Reserved.
WEB予約WEB予約 ページTOPへ戻る